スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産って???

2ヶ月ほど前に、取引先の建材店のご主人が亡くなられました。

建材店は、弟さんと二人で切り盛りされていたようです。

法人組織にはなっていなくて、個人としても商売をされていました。

お亡くなりになられたときは、まだ、期日がきていないものが、3枚ありました。

亡くなられてから、5日後に、期日が到来するものが、1枚ありました。

弟さんから、電話がありました。

不渡になるかもしれない。

お金のことは、兄がやっていたので、何もわからないとのことでした。

自社の取引先の銀行に電話して確認したら、

個人の方が亡くなられた場合は、相続人から届けがあった場合、

口座は凍結するということでした。

ただし、商取引による手形や小切手などが銀行に回ってきたときは、

その都度、相続人に、

落としてよいかどうか確認するようです。

残高が不足する場合は、入金も可能だそうです。

それを聞いて、当社が回収した手形が、相手の銀行に回ったときに、弟さんに確認の連絡が入るので、一安心と思っていたら、

期日の翌日、取引銀行から、不渡の連絡があり、ビックリしました。

なんで~

相手の銀行に、どのような状況なのか確認したら、

相続人の弟さんから、お金のことは、全くわからないので、入出金は、全て、止めといてもらうという申し出があったそうです。

こちらが聞いている話と違う!

弟さんに聞いても、弁護士に任せているからの一点張りでした。

1ヵ月ほど経った後に、弁護士に、状況を問い合わせしたら、財産より、負債の方が多いことが判明したので、自己破産の手続きを準備中とのこと。

えー、自己破産って、亡くなった人でも、後からできるのか~

って、少し、不思議な気がしました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。